介護の仕事探しに役立つ求人情報|自分に合った仕事探し

働き方の大半を占める形式

仕事

不景気で要望が強い働き方

派遣社員は各自に支払われた給料のうち、派遣会社への中間マージンが引かれるため給料が低く、同じ仕事内容でも正社員の数割は手取り給料が低いのが通常です。それでも、派遣社員で働きたいという要望は高くあるものです。一昔前は責任ある仕事につきたくないなどの理由で派遣社員での仕事を選ぶという人も多いものでした。現在は、派遣でないと仕事にありつけないという人が多いのが理由の一つです。また、雇う側には多くのニーズがあります。長い不景気が続き、今は正社員としての就職が困難で、社会人の大半が派遣登録やアルバイトとして働かざるをえない状況です。また、登録すればすぐに仕事を紹介して貰え、就職活動が短くてすむというメリットもあります。

働き方の変化の前兆

派遣社員という形式は、給料が上がりにくく多くのワーキングプアを生み出し、結局は社会全体の不景気を引き起こす、問題視されている点もあります。しかし、同一仕事同一賃金という仕組みを推し進めるという動きも各地で進んでいます。これには正社員では長く続いていた年功序列や、年代や不要家族がいるかで給料が決まっていた状態に反する動きと言えます。長く会社に貢献していて、扶養家族もいる正社員でも突然職を失うこともあり、新人の派遣社員でも売上に貢献する働きをしたらいい給料がもらえるなど、今までとは全く違う働き方になる可能性もあります。これから日本の人口も減って、生産人口が少なくなり、働き方が今までと大きく変わる可能性もあります。